歴史探訪としての旅行

カレンダー通りの大型連休を外した旅行計画 旅の目的が歴史であると言うのはもうかなり昔からある言葉です。それだから旅は止められないと言う事もあります。その理由は、毎日いる場所からは、多くの歴史を味わえないと言う事がその始まりでもあります。確かに、毎日いる場所でも、その場所には歴史がありますが、それだけではやはり物足りないと言う事になる訳です。日本国内北は北海道、南は九州、そして沖縄まである訳です。その中にどれくらいの歴史があるかと言えば、とてつもない多くの歴史が秘められていると言う事になります。ましてや一生涯で、その全国の歴史を隈なく観て歩くと言う事は極めて困難な事です。

だからこそ、少しでも全国津々浦々の歴史を訪ねての旅行と言う事になる訳です。そしてその歴史を訪ねて各地を赴いただけでもかなりの収穫と言うものがあります。古きを訪ねて新しきを知るではありませんが、古い時代から今の新しい現代までの経緯を観ると言うのもまた旅行ならでは昔と今の在り方を知ると言う意味でも、大きな体験、そして経験として人生上に残ると言う訳です。一つの歴史的財産を見学したとしても、それは貴重なまでに自分の目に焼き付いて、しかも、その醍醐味は初体験として、一生涯にも残るものでもある訳です。ですから一度目にすると言う事だけでも素晴らしい事です。

Copyright (C)2019カレンダー通りの大型連休を外した旅行計画.All rights reserved.